「家庭での父親の役割が知りたい」
「正しい父親像を教えてほしい」
「父親が育児をするメリットが知りたい」

このような方に向けて、記事を書いています。

初めて父親になった方の中には、どのように我が子と接するべきかわからない、という悩みを抱える方も多いです。

この記事では、家庭での父親の役割や、子供にとっての理想の父親像について解説しています。

この記事を読めば、どのような父親を目指せばいいのかが、なんとなくわかると思います。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう。

家庭での父親の役割にはメリットがたくさんある

家庭での父親の役割

家庭での父親の役割には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

父親が育児をすることで、子供の健やかな発育に、とても良い影響があります。

父親が積極的に子育てに関わると、子どもの興味や関心が広がって、様々な世界に触れることができるようになります。

家庭での父親の役割には、子どもが「パパは自分を愛してくれている!」という、自己肯定感を育むための重要な役割があります。

子どもがこちらを向いたらしっかり目を見て微笑んであげたり、子どもが何かを話したら他ごとをやめてちゃんと話を聴いてあげたり、何かに挑戦したら挑戦したことを褒めてあげたりなど、父親にもやれることはたくさんあります。

父親が子どもを認めてあげることで、子どもに安心感を与えることができ、それが子どもの心の安定になり、非行防止につながるといわれています。

さらに父親は育児に関わることで、父親自身の人生が幸福感と充実感に満ちていくというメリットもあります。

子育てを通して、子どもが自分を父親にしてくれることで、人生の幅が広がったり、幸せを感じる回数が増えたり、自分の親に感謝したりして、父親の心は喜びに溢れていくのです。

父親の積極的な育児は母親にゆとりを与える

母親にとっても、父親の積極的な育児は、大きなメリットがあります。

父親が前向きに子育てをしてくれることで、母親に時間的な余裕が生まれます。

日本では、どうしても母親が子育ての中心になりやすいので、母親は常に子育てに時間を奪われることになります。

そんな中で、父親が積極的に育児をしてくれると、母親に精神的なゆとりが生まれ、子育てに対して、より一層前向きな気持ちになることができます。

父親に対して、「もっと育児をやってほしい」と考えている母親は多く、この不満が育児ストレスにつながってしまいます。

ですから父親は子どもの育児はもちろん、母親のケアやフォローも積極的に行う必要があるのです。

父親の役割と母親の役割の違いとは?

家庭での父親の役割

家庭での父親の役割を考える上で、父親と母親の役割の違いを知っておく必要があります。

父親の役割と母親の役割の違いは、何だと思いますか?

父親の役割は、主に社会性や道徳心を養うことです。

「これをやってはいけない」「こう生きなければいけない」などの社会的なルールやマナーを教えることです。

子どもの人間的な思想を育む、というイメージですね。

いっぽうで母親の役割は、主に子どもの自己肯定感を育むことです。

母親は子どもをありのまま受け入れて、優しく包み込み、絶対的なやすらぎを与えます。

何が起きても絶対に味方になってくれて、安心できる場所というイメージですね。

父親の役割と母親の役割は、どちらか一方に偏らず、バランスを保つことが大事です。

母親に偏りすぎると甘えん坊で自立できない人間になってしまい、父親に偏りすぎると攻撃性が強い人間になってしまいます。

父親が叱り役になって、母親がフォロー役になるなど、それぞれの役割を分けておくのもおすすめです。

父親の役割は母親の役割とは大きく異なるので、父親が二人目の母親になることはできませんし、なる必要もありません。

家庭での父親の役割を考えると、子どもに冒険心やチャレンジ精神を養ってあげるのがいいと思います。

たとえば、初めてのすべり台、初めての動物との触れ合い、初めてのキャンプなど、子どもに未知の体験をさせてあげるのが、父親の重要な役割だといえますね。

男性は父親になった実感が遅い!

男性は「父親になった!」という自覚を持つのが遅い、といわれています。

女性は妊娠中に、つわりや胎動を体感するので、出産までの期間を通して、母親としての自覚が芽生えていきます。

さらに出産や授乳なども経験するので、明確なプロセスによって、母親になることができます。

生まれがばかりの赤ん坊は、母親がいないと生きていけないぐらいに、母親に依存しているので、母親としての自覚は必然的に強くなっていくのです。

いっぽうで男性には、父親になるための明確なプロセスが用意されていません。

父親は母親と違って、妊娠の体感がありませんし、生まれた後も抱っこすれば泣かれるという疎外感を感じることも多いです。

出産後に里帰りする母親も多いので、子どもと会える時間が週末しかない、などの接触時間の短さによるところも大きいです。

父親の存在意義を実感するタイミングとは?

家庭での父親の役割

先ほどお伝えしたように、男性には父親になるための明確なプロセスがないので、自然と父親になるわけではありません。

男性が父親としての存在意義を実感するためには「父親になるきっかけ」が必要です。

父親になるきっかけは人それぞれで、インパクトのある出来事によって父親の自覚を持つ人もいれば、日常を通してじわじわと父親の自覚を持つ人もいます。

大切なのは、父親が積極的に育児をし続けた結果、心で父親になったと感じる、ということです。

子どもがいるのに無視してゲームをしたり、子どものことを全て母親に任せっきりになったりしていると、父親になった実感はなかなか持てません。

子どものオムツを替えてあげたり、子どもにミルクや食事をあげたり、子どもと一緒にお風呂に入ったり、子どもに絵本を読んであげたり、子どもと一緒に遊んだり。

とにかく父親として行動することで、父親としての存在意義を実感することができるのです。

父親になったと実感できるきっかけとしては、添い寝しているとき、一緒にお風呂に入っているとき、出産の立会いのとき、妻の妊娠中のとき、父親むけの講座を受けたとき、ベビー用品を選んでいるとき、などが多いです。

初めて父親になる方は、子どもが生まれたら、赤ちゃんの香りや肌触りを感じながら、ゆったりとした時間を過ごすのがおすすめです。

父親としての実感が、じわじわ湧いてきますよ。

父親としての存在意義を感じられた後は、子どもに対して慈しむ気持ちが高まり、妻への感謝気持ちも強くなり、家族全体が幸せになっていきます。

色々と書いてきましたが、初めて父親になる方がやるべきことは、「父親として積極的に子どもと関わっていくこと」ですね。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 家庭での父親の役割にはメリットがたくさんある
  • 父親の積極的な育児は母親にゆとりを与える
  • 父親の役割と母親の役割は違う
  • 男性は父親になった実感が遅い
  • 父親の存在意義を実感するためには子どもと積極的に関わる

初めて父親になる方は、子育ての中で、色々な迷いや悩みにぶつかると思います。

子どもは母親と一緒にいる時間が多くなりやすいので、どうしても子供は「ママー!」と母親を呼ぶことが多いです。

しかしそんな中でも、父親のあなたにしかできない役割がありますので、家庭の中でバランスを取りながら、積極的に子どもと関わってあげてくださいね。

あなたも父親としての人生を、一緒に楽しんでいきましょう。