「将来離婚したくない」
「良い夫婦関係を築きたい」
「できるだけ長く結婚生活を送りたい」

このように考えている、父親のあなたに向けて、この記事を書いています。

初めて父親になると、右も左もわからないので、父親として何をすればいいのか悩みますよね。

多くの父親が離婚はしたくないと考えていると思いますが、子育ての仕方がわからないと、少しずつ夫婦関係もギクシャクしてきます。

将来離婚しないために、父親がやるべきことは何か?

結論からいうと、父親は母親のケアを最優先に考えて、積極的に子育てをすることです。

その理由は、父親の育児は離婚防止につながるからです。

今回は「父親の子育てが離婚防止に影響を与える理由」について解説していきます。3分で読める内容なので、それではいきましょう。

夫婦の3分の1は離婚することを頭に入れておく

父親 子育て 影響

「できれば離婚はしたくない…」

多くの父親が、このように考えています。

でも初めて父親になると、わからないことだらけで、母親が満足するようなフォローができないこともあります。

お互いの小さな不満が積み重なっていくと、将来離婚につながる可能性もあります。

これは、避けたいところですよね。

幸せな家庭を想像して結婚しても、日本では1年に約23万組の夫婦が離婚するのが現実です(厚生労働省 平成24年人口動態統計)。

離婚件数を単純計算すると、3分の1の夫婦が離婚していることになります。

子どもが生まれた後に、夫婦関係が悪化することも多く、あるアンケート結果によると「産後に離婚をしたいと思ったことがある」と回答した人は半数近くなっています。

離婚したくないと思うなら、父親は離婚の原因になりそうなことを、未然に潰しておくことが重要です。

父親の子育てが離婚防止に良い影響を与える理由

離婚の危機を回避するために、父親は何をすればいいのでしょうか?

将来離婚したくないなら、父親は積極的に育児をしましょう。

父親が子育てに関わると、夫婦のパートナーシップが強化されるので、多くのメリットがあります。

出産後の女性の愛情が、どのように変化するのかを調べた、東レ経営研究所の研究結果によると、「出産後の女性の愛情は子供に向かい、夫に対する愛情が薄れていく」という結果が出ています。

しかし、夫が乳幼児期までの子育てに積極的に関われば、妻の夫への愛情は徐々に回復していくことがわかっています。

仮に夫が、乳幼児期に全く子育てに関わらない場合は、愛情は回復せず低迷したままです。

「将来、夫と離婚しようと考えることがあるか?」という質問に対して「ある」と回答した人の割合は、愛情が低迷している妻が72%、愛情が回復した妻が0.4%という結果になっています。

これらの結果からも、父親が出産直後から乳幼児期にかけて、しっかりと育児に関わることが、離婚防止に良い影響を与えることがわかりますね。

父親は夫婦ゲンカをしないように注意する

父親 子育て 影響

父親が細心の注意を払わなければいけないのが、夫婦ゲンカをしないことです。

夫婦ゲンカの多い家庭は、子どもが健やかに成長しにくいですし、将来離婚するリスクも高いです。

子育て中の家庭では、いろいろなトラブルが起こるので、仕事のストレスで疲れている父親は「勘弁してくれよ…」と思うかもしれません。

しかし些細なことが、夫婦ゲンカにつながるので注意しましょう。

父親がやるべきことは、夫婦ゲンカの発生をできるだけ少なくするために、母親の心を常に満たしておくことです。

父親が積極的に子育てに関わったり、普段から母親に感謝やねぎらいの言葉をかけていると、夫婦関係は良好に保たれるので、夫婦ゲンカの回数も減ります。

夫婦関係が良好な家庭で育つ子どもは、健やかに発育することができるので、家庭の中の平和が保たれます。

夫婦ゲンカの後の仲直りの方法

父親が夫婦ゲンカをしないように注意していても、ひょんなことから夫婦ゲンカになってしまうこともあると思います。

そんなときは、夫婦ゲンカをするときのルールや、夫婦ゲンカの後の仲直りの方法を、事前に決めておくのがおすすめです。

たとえば、夫婦ゲンカでは相手を徹底的に追い詰めない、子どもが見ている前ではケンカしない、どちらかが笑ったら負けで夫婦ゲンカを終わる、などです。

このようなルールがあれば、もし夫婦ゲンカがあったときでも、大惨事にはなりません。

人間はケンカをすると、頭に血がのぼって冷静さを失い、本心ではない言葉や態度を相手にぶつけてしまい、後で後悔することが多々あります。

ですから夫婦ゲンカのときは、いかに頭を冷静に保てるかが大切です。

夫婦ゲンカのルールや仲直りの方法が決まっていると、夫婦ゲンカをしていても、どこか冷静でいられます。

夫婦ゲンカをした後の仲直りの方法には、握手をする、ハグをする、次の日に花を贈る、などの非言語コミュニケーションがおすすめです。

また夫婦ゲンカをした後は、必ず子どもの前で、仲直りをした姿を見せることも大切です。

父親と母親が仲良くしている姿を見ると、子どもは安心していられます。 

父親は母親を名前で読んであげよう

父親 子育て 影響

母親が父親に不満を感じる要素として、「名前で読んでもらえないこと」があります。

子どもができると、妻から母親になり、夫から父親になります。

そうすると、呼び方も「ママ」や「パパ」になります。

恋人同士の頃に呼び合っていた、名前やニックネームで呼ばれなくなると、女性として扱われていないと感じ、落ち込む女性も多いです。

父親の方も「〇〇ちゃんのパパ」「〇〇くんのパパ」のように、どこに行っても「パパ」としか呼ばれなくなると、寂しい気持ちになりますよね。

ですから、パパはママのことをひとりの女性として大切に扱い、恋人の頃と同じように名前で読んであげましょう。

ママ自身の生き方を尊重し、ママが女性として輝ける環境をサポートしてあげることも、パパの大事ですよ。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 父親の子育てが離婚防止に影響を与える
  • 夫婦の3分の1は離婚することを頭に入れておく
  • 父親は夫婦ゲンカをしないように注意する
  • 夫婦ゲンカのときのルールを決めておく
  • 夫婦ゲンカの後の仲直りの方法を決めておく
  • 父親は母親を名前で読んであげよう

夫婦の3分の1が離婚してしまう、というデータもあるので、夫婦間の些細なすれ違いには、十分に注意が必要です。

父親が夫婦関係を良好に築くためにできることは、母親のことを気遣い、自己重要感が満たされるような接し方をしてあげることです。

初めて父親になる方は、わからないことが多くて不安だと思いますが、できるだけ積極的に子育てに関わりましょう。